*

的中率が半端ないボートレース

ギャンブルをする目的はもちろんお金を増やすためですが、的中率が低い競馬や宝くじにお金を賭けてみても思うように増やすことができません。

ギャンブルでお金を増やすには何が大切なのか、といえば、それは的中することです。昨今、馬券を的中させる方法や、ナンバーズを当てる方法などさまざまなノウハウ本が発売されています。

しかし全ては確率の問題なので、馬の能力を研究すればある程度は的中できるかもしれませんが、それだけではお金を増やすことはできません。

馬の良し悪しがわかっても、当日の馬場の状態や、体重の増減などの要因を全て予想し、さらにレース展開を完璧に予想できなければ、ギャンブルの夢でもある大儲けは難しいのが現状です。

ボートレースの場合はどうでしょう。まずボートは6艇だけです。この段階でかなり的中率が高いことが理解してもらえると思います。またレース展開を見るとインコースからスタートするボートに、実力者が乗っていれば、鉄板レースになりやすいという傾向もあります。

オンラインカジノは違法なのか検証

ボートレースは実力別にランク分けされていますが、実力が同程度ならば、インコースのほうが有利になることは誰にでもわかると思います。

もう一つの特徴は、予想に必要な情報が競馬に比べると格段に少ないということがあります。ボートの場合は、プロペラの角度、どのボートを使用するか、が非常に重要です。

プロペラの角度に関しては、経験が物を言うので、ベテランが有利ですが、どのボートが割り当てられるかは、レース場によって異なるので、使い慣れたボートに乗れるわけではありません。

選手本人の実力がずば抜けていても、当日使用するボート、プロペラの角度調整によっては、勝てない可能性もあるわけです。しかし実力の高い選手は当然、プロペラの調整なども完璧なので、やはり的中率を高めるためには、実力が高い選手を優先させ、そしてコースを参考にするのがベストです。

的中率が高いボートレースですが、問題もあります。それは配当金が競馬に比べると少ないということです。オッズがあまり高くならないので、競馬の万馬券のような喜びを感じるのは非常に難しくなります。

もともと6艇で勝負するので、よほどの番狂わせが無い限り大勝ちすることは難しいのですが、自分の経験から言わせてもらうと、1日に1回から2回くらいは大穴がきます。鉄板レースでは勝負せず、荒れそうなレースに大金を賭けると、思わぬ高配当で、かなりの資金を手にすることができます。

タグ :


コメントする